CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< ボランティア | main | フロリヤード2012 Villa Flora >>
Garden of Hope(希望の庭) 陸前高田
震災後の7月に「花の力 for Japan」で預かった皆さんからの善意は、その後被災地の情報を集めることから始まり、現地で活動するボランティアとの交流や、支援活動のお手伝いを進める中で、手探りの活動を始めました。

花の力の支援は、まず現地の要望をくみ取ることから始まり、東北の皆さんに常に寄り添い支えていくことで、被災者の皆さんの笑顔を花で取り戻す活動です。

活動は常に心あるたくさんの人の力で支えられています。
ちょうど一週間前に43人のボランティアを乗せて決行された活動も事前情報を集める段階から、ボランティアツアーの企画を始めるまでにも並々ならぬ協力の賜です、私たちが参加した今回の陸前高田のGarden of Hope(希望の庭) にも、現地の吉田さんとボランティアさんは勿論ですが、数ヶ月前からオランダの有名ガーデンデザイナーのジャクリーンさんの来日を実現させ、現地で自ら活動の先頭でボランティアを引っ張ってきた、かねとう代表、レンさんご夫婦を初めとする花の力のメンバー、東京からボランティア参加の皆さん、そして現地に参加したくても出来なかった多くの想いが、この活動を進めてきました。
下の動画は今回のボランティアツアー以前に津波で表土を破がされ、堅い粘土質がむき出しの状態から瓦礫を取り除き、下準備を別のボランティア団体がしてくれている動画です。


私たちが行ったときでも、花を植えるにはまだまだ仕事が残されていましたが、今回は本当にメンバーに恵まれ、素敵な仕事が出来ました!
012.jpg
左がマーク・チャップマンさん、右が今回の頼もしい助っ人を引き連れて参加の
有山茂寿さん、2人とも本当に頼りになる助っ人です。

043.jpg

レンさんから球根の説明が始まりました!

042.jpg

現地の方ではありませんよ! 
数日前から現地入りし、他のプロジェクトと掛け持ちで花の力を引っ張っているかねとう代表、今回のジャクリーンのガーデンデザインを説明しています。

018.jpg

今回のパンジーは、岩手県大船渡市から調達しました!

100_05.jpg

球根はオランダ球根協会が協力していただきました!

046.jpg

地元で集まっていただいた100人程のボランティアさんと一緒に植え方の講習中!

100_24.jpg

イケメン揃いの頼れる軍団「日本植木協会」の面々!
彼らのおかげで、エントランスの敷石や竹藪から調達した生け垣など現地にある物を工夫して本格的な仕事もしてくれました! さすがプロ集団!

087.jpg

100_06.jpg

この方のおかげで荒廃した土地を見事、花壇に再生しました! 日本花き球根生産協会球根切花部会の豊島正人さん、プロ中のプロが物静かで黙々と作業を進めて、今回の縁の下を支えてくれました! ありがとうございます!

100_16.jpg

現地のボランティアの皆さん!
明るく談笑されながら作業をしている方もいらっしゃいましたが、お話を聞くととても悲しい現実を皆さん抱えて参加されています。

100_22.jpg

061.jpg

025.jpg

こちらの方は東京から参加した、超有名花生産者さん野島茂さん
静岡のシャクヤクを作っています。花作りのプロ、耕耘機もお手の物です!

044.jpg

この方は花の力ではおなじみの現地とのパイプ役、桜野さん!
現地生産者のパンジーを手配してくれました!

IMG_1746.jpg

後ろ姿でごめんなさい、ナーセリーYOSHIIKEの吉池泉さん、現地で花苗を生産されていて、吉田さんのお手伝いをしてくれています。その向こうに重なって写っているのが、今回、東京から参加した葛西花市場の買参人組合の会長、最年長参加の三島さん!

IMG_1738.jpg

レンさん、小池さんと談笑する、素敵な笑顔のご老人は、吉田さん同様陸前高田在住で、今回の津波で最愛の奥様を亡くされながらも、地元園芸愛好のシンボルだった国道沿いの花壇再生を推進する鈴木勝井さん! とてもおしゃれで素敵なお方です!

IMG_1747.jpg

今回のいくつかの写真はこの方の作品です、常に東北に想いをよせ、花の力にこの人あり、この人の責任感にはいつも敬服しています!

070.jpg

花の力の中で林君のキャラクターとパワーは人並みはずれています!
この三脚と下の告知板も彼の手作りです!

IMG_1745.jpg

今回の活動は吉田正子さんが陸前高田に笑顔をとりもどしたい一心で思い立たれのが始まりです!

当日、地元ボランティアさんと植え込みが始まる前の挨拶で吉田さんは「それぞれ自分の受け持ちの花壇は自分の花壇に花を植えるつもりでやってください、そうすればまた植えた後も気になるでしょ、皆さん東北の底力を見せてください」そんな意味のことを話されました、わたしは華奢な吉田さんが力強く話されたこの言葉が、今思い出しても、吉田さんの強い信念に感動させられます!
本当に素敵な方です!

mekikikai&hananotikara 047.JPG


下の写真は大人数で一人一人は確認しづらいですが今回の団体写真です!

この高台の場所は津波がくる以前は、動物病院オーナーのご両親が住んでいた邸宅がありました。
津波は家だけではなく住人4人すべても飲み込んでいきました!団体写真の右手後方に見える黒い屋根にベージュの建物は地元の大きな博物館で屋根には三角のとんがり屋根がかすかに見えますが、津波はそのとんがり屋根の先端しか見えないほどまで水位があがり、一面すべてを飲み込んでいったそうです!

IMGP3718.JPG

このブログの前半の荒廃したモノクロの土地が、復興をイメージさせるように皆さんの力で明るい花畑に変わっていきました!花の力は多くの人の力によって人の幸せな笑顔を取り戻していきます。

3.11から時間が経つにつれ、次第に東北への関心は薄れていっているように感じます、花のちからすばらしい物ですが、人のちからなくしてそれを求めている人に伝えることは出来ません、花の力の活動は、たとえ小さな力だとしても被災地に想いをよせ、寄り添い続けて行くこと、被災地の事を忘れないことが何より大切なことだと感じています。

これから東北にも本格的な冬が到来します、春まで植え込みは出来ませんが、
春にまたみんなでここに来てチューリップの花を見たいと思っています。

春までこれない日々でも、想いを寄せる場所があるのは、
帰るふるさとができたみたいで、春が待ちどおしいですね!

| イベント | 10:41 | comments(4) | - |
コメント
しょぼすぎて話しになりません

わたしたち福島県人はこの程度のお遊びで心は癒されないです。
| pi-ko | 2011/11/18 7:23 PM |
久々のコメント正直開いてびっくりしました!
いきなりこんな事を書く人に返信するべきか考えましたが
一応、少ない閲覧者のお一人に変わりはないのでコメントします。
pi-koさんの指摘するように、今回の陸前高田のボランティアで私個人が費やした労力は、じょぼくて、お遊び程度と言われても反論できるほどのことはしていませんし、現地の方々の心があの一日で癒されるとも思えませんが、私の中で被災した東北のこと、復興でがんばっている人の事を応援し続けたいという気持ちが強くなったのは事実です。
これから長い時間がかかる東北の復興には、復興地だけではなく、多くの人がそのことを忘れないでいることが大切だと思っています。
花の力の活動は、常に現地の方々の要望をお聞きし花で復興をお手伝いさせてもらっています。
一人では、たいしたことはできませんが、同じ思いを持った仲間と東北の方々との交流の中で少しでもお役に立てることがあれば続けていきたいと思っています。
| 白髭 | 2011/11/19 2:13 AM |
今度年内に行けたら陸前高田の花壇を見に行きたいです
| 八津尾初夫 | 2011/12/10 4:19 AM |
八津尾さん、コメントありがとうございます。
忙しさにかまけて、ブログを更新していないで八津尾さんのコメントに気づきませんでした。
大変失礼しました!
だいぶ時間がたってしまい返信になりませんが、今度、陸前高田の花が咲いたときに花壇でお会いできれば最高ですが、何かの機会にお会いできるのを楽しみにしております!
今年も花の力のメンバーは少しでもお役に立てるように、みなさんに会いに伺いますので、今年もよろしくお願いします!本当にコメントありがとうございました!
| 白髭 | 2012/01/18 2:28 AM |
コメントする