CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< Nicolai Bergmann | main | 目利き会 >>
花遊ぶ 草月 いけばな展 第92回 

IMG_1574.jpg

昨年に引き続き、日本橋高島屋まで草月いけばなの今年総決算を見てきました

IMG_1573.jpg

伝統文化いけばなにふれる大切な時間です。

IMG_1502.jpg IMG_1500.jpg
【新人賞】一度かち割った木を新たに組み込んで新たな命を吹き込んだ作品

IMG_1499.jpg
枯れ木を黒く塗り、カラフルな輪ゴムをぶら下げた作品

IMG_1505.jpg
アレカヤシの葉を編み込んだ作品

IMG_1516.jpg

IMG_1515.jpg
猫柳の竜巻が今にも動き出しそうな躍動感

IMG_1512.jpg IMG_1513.jpg
晒し雲龍柳の集合体で出来ています。

IMG_1509.jpg
これはススキの乾燥した物を金網の芯に巻き付けています。

IMG_1508.jpg

吊り物の作品は手の込んだ力作ばかりです。

IMG_1519.jpg  IMG_1523.jpg
これは何で出来ていると思いますか??
答えは、玉葱の皮です。

IMG_1526.jpg
この黒光りしているのはナス!

IMG_1537.jpg IMG_1534.jpg

IMG_1535.jpg IMG_1533.jpg
これはラグラスで出来ています。

IMG_1530.jpg 
これは何で出来ているのか? 
ニュウサイラン葉の繊維で創っています。

IMG_1543.jpg
これは??
IMG_1540.jpg 
松葉の二股を積み重ねて出来ています。

IMG_1539.jpg
ニュウサイランの繊維で小さな輪を創り繋げて何本ものカーテン
これは相当の時間と労力がかかっているのは創造できますが
少し離れて見るとパット見の軽やかさを感じましたが直に近くで見ると、
それとは真逆のあつい情熱を感じますね!

IMG_1550.jpg IMG_1551.jpg
作り手のイマジネーションや情熱からできる作品のすばらしさは勿論
花が持つ魅力には∞無限大∞の可能性を秘めていることを実感します

IMG_1554.jpgIMG_1545.jpg
2点ともフウセンカズラを使った作品、右の作品の土台はソテツの葉ドライ

IMG_1556.jpg
エノコロ草のモビール

IMG_1558.jpgIMG_1559.jpg
スチールグラスで何とも柔らかいフォルムが艶めかしい作品

IMG_1572.jpg
蘇鉄、枯れ蘇鉄
IMG_1570.jpg IMG_1564.jpg
                        谷渡り

IMG_1561.jpg IMG_1562.jpg
グラスの水の中に、枯れ葉(アンスリューム)と枯れ葉(桜)

日常、花の流通を仕事にしている毎日で、注文主様に喜んでいただける仕事を
心がけているつもりでしたが、まだまだ使い手の思いをくみ取れきれてない
奥の深さを感じました。

また、いけばなに触れる機会をもっと前向きにみつけていきたいと実感しました。

| Flower | 00:54 | comments(0) | - |
コメント
コメントする