CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 花業界の明日を考える対話集会Vol.2 | main | Jepung 5th anniversary >>
カンパ合計16591円

無事終わりました
平成22年2月24日(水)18:30
からの花業界の明日を考える対話集会が 

夜遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。

(財)日本花普及センターの西岸さん、本田さん、お疲れ様でした。
参加者のみなさんお疲れ様です。北海道から来ていただいたり、
生産や輸入業者、東京花き振興協議会、他市場からも60名を
超える方の参加がありましたが、甚だ司会者の進行がおぼつかなく
みなさんにお話しをしていただけなかったことが残念でなりません。 

私は終了と同時に後片付けに追われ、挨拶も出来ず失礼しました。
みなさんが帰られ、残された「カンパ募金箱」に思いもよらない金額を
頂いたことに気がつき、この運動を後押ししていただいているようで
涙が出るくらい嬉しかったです。今はまだ議論の先が何も見えない
真っ暗闇の中ですが、このカンパを無駄にしないように、少しでも
早く希望がもてるような議論がこの会で積み重ねられて、
未来を照らす一途の光を見いだすために、
また明日から活動を後押ししたいと
あらためて決意した次第です。

花は人を幸せにできる

*

この下からは当日配布したチラシです。
******************************************
                
 第2回 花業界の明日を考える対話集会

去る1月25日に「第1回花業界の明日を考える対話集会」議事録要略(別紙)にて
参加者のみなさんと自由な意見交換がなされ内容も多岐にわたり議論されました。
今回は前回をふまえ論点を整理して、さらに議論を重ねていきたいと思います。
                                        
    現在の共通認識 
      ○現在の花き業界は、生産から流通小売りに至るまですべての段階で
       大変厳しい状況で将来についても明るい見通しが見えない状況だ。
      ○現在の最悪な状況を少しでも変えていきたい。
                                                  
   課題(問題点) 
  ○業界活性化1/1000構想は本当に有効なのか? ○なぜ花は売れないのか?
      ○個人レベルでは解決できない問題? ○なぜ花を買わないのか?
    ○前提条件の信頼は構築できるのか? ○業界が一致団結できるのか?
                ○ビジョン・目的の形成を共有化出来るのか?

 最終目標 
○花が売れる=世の中がよくなる
○生活者への継続的な需要喚起を実行するしくみ
○50,100年先にも花業界が持続可能な存在になる

別途話し合われるべき問題
        ※立場の違いや利害の相反する市場取引に関するルール等の問題
            に関しては、別途解決のための議論の場を設ける、今回は切り分けて
       考えるべきとの観点から今回の論点には加えていません。

**************************************************
 本当に暖かいカンパありがとうございました
花業界の未来のために有意義に使わせていただきます。

| 仕事 | 04:16 | comments(0) | - |
コメント
コメントする