<< 通信簿(通知票) | main | 366日空の旅 >>
366日空の旅
昨晩ニュースでアメリカ元副大統領のアル・ゴアさんが「不都合な真実」での地球温暖化問題など環境啓蒙活動が評価されノーベル平和賞を受賞することが発表された。

私も今年の初めに買った、この本をもう一度読んでみた。

少し抜粋すると、
気候の危機に対する根本的な考え方に問題がある。
「この件について、何も考えない方が楽だ」と思ってしまう。
環境の変化は一人一人の一生から見ると少しずつしか進んでないように
思えるからだ。
たとえ話で昔の科学の実験の話も出てくる
「沸騰しているお湯にカエルが飛び込むと、カエルは次の瞬間、
ぴょんとお湯から飛び出します。瞬時にその危機がわかるからです。
同じカエルを生暖かい水の入ったお鍋に入れて、沸騰するまで少しずつ上げていくとどうなるでしょう?ただじっと座っているのです」
こんな風に人為的気候変動(地球温暖化)についての問題点を分かり易く書いてあります。

私にはこの本より以前にこの問題を意識させてくれた素敵な本があります。
それは、心から尊敬する近所の方から(落語で言えば店子の大家みたいな方です)
ご紹介され、以前8冊ほど購入し知り合いに勧めた代物です。
一日一枚+一枚366枚きれいな世界各地の航空写真を見ながら
世界で起きている環境問題が専門家のエッセイと共に楽しめます。

「かけがえのない地球366日空の旅」
ヤン・アルテュス=ベルトラン著 発売元:ピエ・ブックス 定価¥3800
一家に一冊決して安くはないけどお勧めです。
| | 02:58 | comments(3) | - |
コメント
犯罪者ゴアは、地獄に落ちろ!議員の息子が自分だけ檻の外で優雅な人生を送って、でかい面をするな。聖書の物語を映画にして、ノーベル賞をもらったとはあきれはてたものだ!
| 監禁虐待されている新井泉さんを解放せよ! | 2007/10/13 4:31 AM |
私のことなど書いていただきありがとうございます。
いろいろな人たちがいる中で自分の考えを晒すことは大きな勇気とリスクが発生します、ゆるぎない信念が解決するように思います。きっと白髯社長だったら更なるステージへ歩を進めることでしょう。
仕事と合わせ引き続きがんばってください。
| k/koikeflore21 | 2007/10/14 5:16 PM |
いつもありがとうございます。
毎日半歩か、出来れば一歩づつでも前に進めればとやっています。
立ち止まることも多々ありますが、目指す頂を見失わないように歩みを進めていきます。
これから年末までお忙しいとは思いますがお体ご自愛下さい
| | 2007/10/14 8:45 PM |
コメントする