東京花の仲卸会 定例勉強会
今日は(社)全国花卸協会の東京ブロック「東京花の仲卸会」2ヶ月に1回、
恒例の勉強会が当番市場 葛西市場で開催された。

nakaorosi 004.jpg

この定例会始まって以来の大盛況で60名を超す参加者で超満員でした!

今回の講師は大田花き、磯村社長ということもあり、東京フラワーポートからも
ナマ磯村社長目当てに参加者がふくれあがったようです。

今回は(社)全国花卸協会の総会で提案された「目利き会」の立ち上げです。

いつもの定例勉強会ではあまり参加の機会のなかった、各仲卸の現場スタッフ
が多数参加してくれて、磯村社長も講演の冒頭は、若い聴衆に市場の歴史や
成り立ちから始まり、将来の市場のあり方に至るまで仲卸の役割や機能を
からめて持論をお話しいただいた。

nakaorosi 003.jpg

磯村社長、お忙しいところ講演ありがとうございました。

講演の後は、参加した若い世代中心に、日常業務の疑問や目利き会の
今後のあり方など、限られた短い時間でしたが、有意義な勉強会でした。

お客さまからのクレーム対応やロスの軽減について・・・

仲卸は商品の鮮度や価値の見極めにプロ意識・・・

目利き本来の商品の評価以外にトレンドの発信をしてはどうだろうか・・・

いつもは商売敵でもある同業者が、同じ時間を共有し、考え、語る、
たった2時間程度でしたが、そんな地味な積み重ねが、とても大切で
すべての取り組みの始まりにつなっがっています。

現在の大型化した花市場で、商品の価値を見極めるのは至難の業です。

市場でも産地と直接関われるセクション以外、もしくは担当の品目以外は
商品を見極める目を養うことは出来ません。

仲卸は市場よりは分荷する際に商品を確認できますが、
それだけでは、花の価値を見極める能力の向上は期待できません。

花を見極めるには、生花店での実体験が一番有効です。
仲卸の日常業務ではそこまで踏み込んで花と関われません。

それぞれ個人意識レベルで、前向きに積極的に外へ出て、生産現場や、
花店との接点から学ぶくらいで、それぞれの自主性ゆだねているのが現状です。

新しい人材を育てるにも過重労働が当たりまえの労働環境下では
現場サイドは、目先の仕事に追われる毎日で、
将来の担い手を育てるまでには至っていません。

組合の役割は、個人や自社単体では解決できないことも、
同じ問題を抱えながらも、それぞれが独自に対応している仲間同士で
知恵を出し合い、ともに力を合わせることで新しい未来を創造できるの
ではと組合活動に期待しています。

今後、東京花の仲卸会がどのように組合員の期待に応えるのか
組合員は、どれだけ仲間や、花業界、
しいては生活者のために貢献していくのか。

花がもっと社会に必要とされ求められる状況を創造するために、
花仲卸に何が出来るのか

何をすべきか、存在価値を問われている。

| 仕事 | 01:16 | comments(0) | - |
(社)全国花卸協会 第1回 通常総会in京都
IMG_0380.jpg

全国の花の仲卸が組織する全国花卸協会が社団法人になって初めての通常総会を
京都にて開催されました。

IMG_0383.jpg
「花のMVP」  水生植物について
株式会社 杜若園芸(トジャクエンゲイ) 代表取締役社長 岩見悦朗様

懇親会に先立ち、恒例の花業界の貢献者に送られる花のMVP賞では、杜若や
睡蓮など水物の生産で、生け花に限らず広く独自に生産と販売を続けられ、
日本独特の花文化を支えてきたことをたたえて表彰されました。


講演 「卸売市場の社会的役割と仲卸業者の今後のあり方」
   東京農業大学教授 藤島廣二 様

講演では、市場流通に関する研究で、市場の役割や機能について第9次市場整備
にも花業界の市場流通にも深い造詣と指針を研究、国に答申してくださいました。

お話を聞くまでは、何か小難しい話かと予想していましたが、今回の仲卸の会の
ために、具体策も含めて、とても興味深い問題を分かり易く解説いただきました。

IMG_0393.jpg




















懇親会では、地元の舞妓さんによる舞も披露され、京都ならではのあでやかさで
とても盛りだくさんの記憶に残る記念すべき総会でした。

花き業界で(社)全国花卸協会は、流通の中核で花の需要喚起の実現にむけ
積極的に推進していくことが確認され、新理事長からは全国でさらなる会員の
獲得と情報の発信、新たな専門部会「目利き会」を発足することになりました。

「目利き会」は仲卸の本質を極め、花のすばらしさを伝えていくことを使命とし
商品を評価する知識と経験を高めながら、生産から消費者に至るすべての
段階に目を光らせ、花本来の価値を高めるために花業界に貢献することを
目的としています。

具体的な構成や活動は今後明らかになっていくと思いますが、全国の仲卸の
現場から現役の強者が招集されることでしょう。

今後、この組織が組合員の仲卸はもちろん花業界にとって本当に力になり、
社会貢献できる組織に成長することを期待しています。
| 仕事 | 01:44 | comments(0) | - |
東京都花き振興協議会
(東京の花市場各花業界団体が参集する消費税誕生時に立ち上げた花業界団体)の
企画委員会が昨年暮れから東京5市場単位で各関連団体が花振興について情報の
共有と前向きな議論の場を提供するために、世田谷市場から
「花の消費拡大懇談会準備委員会」が発足し、今までの約6ヶ月強の間に10回
懇談会準備会が開催され、世田谷市場の買参人さんを中心に拡大全体集会が
2回開催された、前回から名称をわかりやすく親しみやすく「花コミット世田谷」
※コミット( commit かかわり合うこと。関係することと一つテーブルをはさんで話し
合うサミットをイメージして命名)
世田谷から始まった話し合いは、それぞれ独自の形を模索しながら残る5市場でも
始まっています。

5/19(水)には葛西市場で第一回の全体集会が行われ、10人程度の買参人さんを
中心に市場関係者、場外の花業界関係者が集まり、気取らない前向きな話し合いが
行われました。

5/29(土)には板橋市場で第一回の全体集会が行われ、葛西同様にアンケート結果や
業界の需要喚起について、本音の話し合いが出来たと聞いています。

来る6/11(金)は北足立市場でも、準備のための代表者会議が開かれるようです。

大田市場でも動きが出てきました。

先日6/2(水)には東京花き振興協議会の企画委員会が開催され、東京5市場連携し
て生活者に花の魅力をアピールする新たな企画案が提案されました。

今後早急に各市場から実行委員が選出され具体化することになりました。

一方、先月末から東京の各市場では、産地の切り替わりなどによる品不足で高値が
続いています。

当社では、お得意様の廃業が重なり、花業界の険しい現状を再確認しました。
花業界がしぼんでいるいることは社会の変革に対応できていないのか、
必要とされない必然があるのでしょうか?

ここ数年で、町から消えていった小売り業、大きく姿をかえてほとんど消えてしまった
職種が花以外にいくつもあリましたが、花屋さんもそういった社会から必要とされない
必然性の中で、なくなってしまうのでしょうか?

現在の花業界の取り扱い小売り販売占有率は小売専門店は65%でホームセンター18%、
食品系スーパーが7%、その他10%(H19)だそうで、特に食料品系スーパーの伸び率が
著しいようです。

小売専門店の占有率が65%もある業種は現在でも珍しい業界で、日本の花業界の
成り立ちに特異な訳があります。それは全国的に花の仕入れがオール買参の市場
参加による流通が圧倒的で花市場(192社)は全花流通の85%以上を担っています。

この花市場を中心に生産者と花屋さんがつながっています。
一方でそのことが大手の参入のハードルを高くしてきたのかもしれません。

時代は大きく変わっていく転換期に来ています。好むと好まざるに関わらず変わって
きています。消費者の嗜好も常に変化してきます。
今、険しい花業界全体の問題解決は、生活者に花をもっと買ってもらう仕組みを
実現すること以外にありませんが、
そのことが出来れば、ほとんどの問題は解決します。

その方法は多岐にわたり連携して継続することが重要ですが、その基礎はすでに
花市場が中心に存在していることで、唯一日本の花業界が持続可能な未来を想像
できる重要な素地を持っています。

零細な個々それぞれだけで解決できない問題です。
生活者への花の魅力を広く発信し花を嗜む機会を増やしてもらうことのための実現に
全体が連携することが不可欠です。

生産者、市場、流通、小売店、その他すべてが、生活者へ向かって連携したときに、
花業界はその一歩を踏み出せると確信しています。

東京都花き振興協議会の新たな企画案は、今出来る花業界の連携の一つだと期待して
います。

花業界の未来に真に輝く一筋の光明を期待する日々がつづきます。
| 仕事 | 01:04 | comments(0) | - |
             本当に大切なこと
 ここのところ世田谷市場で始まった”対話集会”は少しずつではあるが
                                   前に向かって進んでいます。

それぞれの立場が違い、考えもそれぞれですから、信頼感がなければ話し合う事も
                                      解り合う事も出来ません?

花業界の需要喚起など実現できないと
                      思っている人がたくさんいることもわかっています。

総論賛成、確論反対でまとまらないという人もいます。

出来ないことは山ほど耳にしますが
                    出来るための行動をする人は残念ながら少数派です。

花を糧として働く人の大多数殆どすべての人が嘆いています。

この状況を変えなければと考える人も大多数だと感じています。

危機意識を大多数の人たちと共有できる今だからこそ、

             この花業界がピンチをチャンスに変えられる時だと思っています。

この問題の解決方法は”もっともっと花を生活者に買ってもらう状況をつくる”
                           そのことをわかっている人は多数派です。

出来ない理由に”こんな売れないときに少しのお金も出せない”と言う人がいます。
   出したお金がどんなふうに使われるか、本当に自分たちのために使われるのか?

だらからと言って何もしないでどんどん状況が悪くなることの方がもっと問題です。

出来ない理由も出来る方法も、すべて花業界の問題です、自分たちの問題です。

花は現代人にとって無くてはならない存在です。
花を社会に広めることは今のような時代ならなおさら、
                           社会を好くするために重要な使命です。

守りで、その場限りの改善ではこのことは解決できません。
創造力をもって問題解決のために、
                 力を合わせて知恵と汗を流す努力が問われています。

”なぜ花が売れないのか?どうしたら花が売れるようになるのか?”

                                        大切なことは

                  問題を捉える視点です。
                        ↓
         自分の立場からの視点から全体の視点に切り替え
                        ↓
                  消費者(生活者)の視点で捉える

          消費者(生活者)の視点で問題を共有し、何が出来るかを考える

    ”花の需要喚起を継続的に安定的に広く出来るしくみ”を
みんなで考えて創り、みんな参加して、
                    みんなの利益になるような方法に知恵を出しましょう!

花は人を幸せにできる。 すべての人の幸せのために団結しましょう!

1人で出来ることには限りがあります、大きな効果も期待できません、
        まずは自分の視点を少し変えて、みんなで前向きに考え行動しましょう!

今を変える力は、新しい未来を創造することから、
                             そのための一歩を踏み出すことです。


私は今でも昨年10月の六本木ヒルズで行なわれた「(社)全国花卸協会レセプション」
での事を思い出します。

あの日会場で花業界の未来に前向きな想いを感じて帰った人は
                        私を含め少数派ではなかったように思います。

少なくとも、最後の小池社長の締めの挨拶を聞いた人の心には届いたのでは...

あの会の模様はDVDにして数枚は配布しましたが、このブログでも書きましたし、
今でも聞きたかったという声をありましたのでユーチューブにあげたのを紹介します。

http://www.youtube.com/watch?v=5IDeWNdybQk

最後が時間オーバーして少し尻切れで入っていません。あしからず!
| 仕事 | 01:32 | comments(2) | - |
Jepung 5th anniversary
 目黒に行ってきました。

開店5周年だそうで、おめでとうございます。



駅のすぐそばにあるとても個性的な店です「ジュプン」

オーナーの小柴さんはとてもユニークな経歴の持ち主

ギリシャの花屋さんで修行をして独立したそうで、



お店は正にジュプンワールド!



本場ベルギーのチョコレートペースト



オラクルカード



宝石、ビーナスなどの彫刻像や



クレイフラワー(この中のランは全部この店のオリジナルクレイフラワー)
本物に間違うぐらい精巧に出来ています。



オーナー小柴さんの個性が店の隅々までいきわたっています。
花のご注文もかなりこだわった仕入れをされていて、
今回の訪問で、こだわりの神髄が見えてきました。



ここにしかないもの満載です。
ここにいるとイマジネーションが膨らんできたり、
何かパワーをもらえるような気がします。

この店のパワーにふさわしい花をフロコレは届けられるように
明日からの仕事の参考にしていきます。



また、市場でお待ちしております。
世田谷市場の仲卸街で不意にほのかな水仙の香りを感じたら、
まわりを見渡してみてください、白いカーボーイハットをかぶった
ジュプンの小柴さんがいるはずです。

スピリチアルなパワーをもらえること間違いなし!

私はいつもそう感じています!

| 仕事 | 14:55 | comments(0) | - |
カンパ合計16591円

無事終わりました
平成22年2月24日(水)18:30
からの花業界の明日を考える対話集会が 

夜遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。

(財)日本花普及センターの西岸さん、本田さん、お疲れ様でした。
参加者のみなさんお疲れ様です。北海道から来ていただいたり、
生産や輸入業者、東京花き振興協議会、他市場からも60名を
超える方の参加がありましたが、甚だ司会者の進行がおぼつかなく
みなさんにお話しをしていただけなかったことが残念でなりません。 

私は終了と同時に後片付けに追われ、挨拶も出来ず失礼しました。
みなさんが帰られ、残された「カンパ募金箱」に思いもよらない金額を
頂いたことに気がつき、この運動を後押ししていただいているようで
涙が出るくらい嬉しかったです。今はまだ議論の先が何も見えない
真っ暗闇の中ですが、このカンパを無駄にしないように、少しでも
早く希望がもてるような議論がこの会で積み重ねられて、
未来を照らす一途の光を見いだすために、
また明日から活動を後押ししたいと
あらためて決意した次第です。

花は人を幸せにできる

*

この下からは当日配布したチラシです。
******************************************
                
 第2回 花業界の明日を考える対話集会

去る1月25日に「第1回花業界の明日を考える対話集会」議事録要略(別紙)にて
参加者のみなさんと自由な意見交換がなされ内容も多岐にわたり議論されました。
今回は前回をふまえ論点を整理して、さらに議論を重ねていきたいと思います。
                                        
    現在の共通認識 
      ○現在の花き業界は、生産から流通小売りに至るまですべての段階で
       大変厳しい状況で将来についても明るい見通しが見えない状況だ。
      ○現在の最悪な状況を少しでも変えていきたい。
                                                  
   課題(問題点) 
  ○業界活性化1/1000構想は本当に有効なのか? ○なぜ花は売れないのか?
      ○個人レベルでは解決できない問題? ○なぜ花を買わないのか?
    ○前提条件の信頼は構築できるのか? ○業界が一致団結できるのか?
                ○ビジョン・目的の形成を共有化出来るのか?

 最終目標 
○花が売れる=世の中がよくなる
○生活者への継続的な需要喚起を実行するしくみ
○50,100年先にも花業界が持続可能な存在になる

別途話し合われるべき問題
        ※立場の違いや利害の相反する市場取引に関するルール等の問題
            に関しては、別途解決のための議論の場を設ける、今回は切り分けて
       考えるべきとの観点から今回の論点には加えていません。

**************************************************
 本当に暖かいカンパありがとうございました
花業界の未来のために有意義に使わせていただきます。

| 仕事 | 04:16 | comments(0) | - |
対話集会が終わりました。
花業界の明日を考える対話集会が ほぼ予定通りの午後9:00に終わりました。
まだまだ、話足りないほどの勢いでしたが、50人程の参加者で満席状態でした。

まだまだ、2時間程度の話では互いに多くのことを理解するまでには至りませんが、
それぞれが現状を嘆き、そのことについて意見を交わした事実はとても有意義でした。

私は主催者側の立場でいながら少し話しすぎたようです。
それでも、たとえ0.1个任盡紊蹐任呂覆前に進んでいるように感じました。

生産者も買参も市場も仲卸も小売りがよりたくさん、まだ花を買わない人に
なぜ花を買わないのか?買えないのか?のハードルを見据えて
花の需要喚起を促し、社会に安らぎと潤いを与えることが必要だということは
大半の参加者の想いだったのではないかと思います。

まずは半歩前進です。

まずは0.1仭或覆任后

参加者のみなさん、実行委員のみなさんお疲れさまでした。
みなさんありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。




| 仕事 | 23:50 | comments(2) | - |
仕事納め2009
 2009年12月29日今年最後の営業日になりました。

朝から店頭で今年一年のご愛顧をお客様に挨拶させていただくと、

良い年をお迎えくださいと声を返していただきました。

今年も多くのお客様に支えられながらこの日を迎えることができました。

そしてフロコレがこうして苦しいながらも存続し、最終日を迎えられるのも

共に会社を支え、知恵と汗を流してきた従業員のみなさんのおかげです。

本当にご苦労さまでした。

来年は今年以上にお客様や従業員に、良い結果を残すべき積み重ねを怠ること

なく少しでも多くの花を日本全国の生活者に伝え、社会にとって必要とされる存在

になれるよう努力していきます。

そんな折、一件の小売店様の年内廃業を知らされました。

この業界をリードしてきた小売店が無くなることは、大変寂しいだけにとどまらず、

何か悔しい思いが残るニュースでした。


私は、子供の頃、母方の祖父にかわいがられて、学校が休みになると祖父の

仕事を手伝って小遣いをもらっていました。

私も独立して花屋を始めたばかりのころ、遠のいた祖父の家に行くと必ず仕事は

どうかと訪ねては、「毎日、正直に一生懸命やれば必ず上手くいく」

と励ましてくれたことを今でもよく思い出します。

先月には、その祖父の十七回忌の法要をすませました。

出来ることならその祖父に、また励ましの言葉をもらいたい気分ですが、

人ひとりだけの頑張りだけでは解決できない問題が、

今の時代には在るように思えてなりません。

こと花業界に関しても、すべての問題解決の根幹である需要の喚起についても、

時機を逸することのない早急な対応の必要を実感しました。


明日は、私1人で店を開けます。

毎年、店頭販売が動き出した花屋さんが、足りない物を探しに来てくださいます。

残った物ばかりですから、有り難い限りです。

明日は、今年一年の反省会を1人でやって仕事納めとしたいと思います。


白髭




| 仕事 | 23:32 | comments(0) | - |
Fリーグ構想
 昨日になってしまいましたが、幕張のIFEXに講演のパネラーとして参加してきました。

特別講演は、JFMAの小川先生の司会でテーマは
「暮らしを豊かにするためにできること」
〜質的転換の時代に向けて花の消費拡大をするには〜

パネリスト
クリザール・ジャパン(株) 取締役副会長 海下 展也
JA新庄もがみ 新庄昭和花木部会 会長 赤間 初男
(株)東日本板橋花き 営業切花部 部長 樋口 博紀
浜松PCガーベラ 日本ガーベラ生産者機構 事務局長 鈴木 誠

お客様は250程度入らしてたのではないでしょうか

1時間半の講演時間で12分程度話す時間がありました。
その中で1/1000構想をサッカーのJリーグにたとえて話しをしました。

その後、早々に会社に戻り仕事をし、ふと気になってJリーグのことを調べてみました。

以下「フリー百科事典「ウィキペディア」提供 ***********

Jリーグが誕生する前の日本におけるサッカー競技は全国リーグである「日本サッカーリーグ」(JSL)がすでに存在していたが、当時は日本国内における競技自体の人気や選手の待遇がまだまだ低く、マスコミにもあまり大きく扱われる程の存在では無かった事から、当時の日本サッカー協会内ではその様な状況を打破したいと、川淵三郎らが中心となって国立霞ヶ丘陸上競技場で開催する1989年2月26日のJSLの後期リーグ開幕戦を無料招待試合にするなどといった様々な試みを積極的に行っていたが、現状を変えるまでには至らなかった。

また、水面下では木之本興三らを中心とした第1次JSL活性化委員会が極秘裏に「スペシャルリーグ(サッカーのプロ化)構想」を進めていたが、協会内部では『JSLの活性化』では意見が一致していたものの、まだまだ『リーグのプロ化』に対しては「プロ化は時期尚早」や「プロ野球の球団ですら赤字経営なのに、サッカーではまともに採算が取れる訳がない」などと、親会社から出向してきた当時の1部リーグに所属する実業団チームの役員達を中心にJSLの評議委員会では強固な反対の声も多く、なかなか木之本らの計画は進展しなかった。

ところが、1980年代後半に「国際サッカー連盟」(FIFA)の第7代会長であったジョアン・アベランジェから当時のアジアとしても初開催となる「FIFAワールドカップ」の日本開催を日本サッカー協会へ打診されると、当時の第2次JSL活性化委員会が中心となって急激にプロリーグ構想が推進され、まもなく日本では初めてとなるプロサッカーリーグの「日本プロサッカーリーグ」(Jリーグ)発足が正式に決定し、1992年には前哨戦として「Jリーグヤマザキナビスコカップ」が開催された。

1993年5月15日、国立霞ヶ丘陸上競技場で行った試合前の発足セレモニーと開幕戦でJリーグは華々しく発足した。なお、この模様はNHKが全国規模で生中継を行い、関東地区では32.4%の視聴率[1]を記録し、その後も地上波のテレビを中心に試合中継が毎節の様に組まれ、同年下旬には全局のテレビ中継数が41本にまで増加、その中でゴールデンタイムでの放送が20本も占めた[2]。また、ジーコなどといった各国代表クラスの大物外国人選手や監督も当時のJリーグに籍を置いていた事もあって、日本のサッカー界に未曾有のサッカーブームが到来した。ちなみに、Jリーグはこの年の新語・流行語大賞を受賞している。ただ、発足当初から理念として「親会社に依存した企業スポーツからの脱却」や「地域住民や自治体との連携」等といった地域密着の考え方は掲げていたものの、ブーム真っ只中の当時は世間的に「プロ野球のサッカー版」という認識だった。


********************

1993年の春にJリーグが開幕するまでサッカーはアマチアなスポーツでしかなかったが
今は多くの熱烈なサポーターや子供にも人気のスポーツになり、海外で活躍する程の
実力を持ったスタープレーヤーを育ててきた。正に天と地ほどの成長をとげた。
あながち、Jリーグのたとえ話も間違っていなかったと.....

私は花業界もFリーグ(フラワーリーグ)を立ち上げるべきだと講演でお話しした、
そのためには、我々花業界の関係者は当事者というプレイヤーとしての自覚をもって
このFリーグの立ち上げに参加していくべきだと、
そしてまだ一年間で一度も花を買わない6割お客様を花のサポーターにするために、
進化していかなければ将来は切り開けない

まずは、リーグを創るために組織を立ち上げなくてはいけないし、1人1人がプロとして
成長をとげて質の高い商品を業界一丸となって消費者に繋げていく事が大切だ

そんな話しをさせてもらった


私はサッカーはできないが、すでに花業界にはフットサルで業界を縦断したリーグを
創り、今では200人を超える参加があると聞いています。
趣味スポーツの集まりとはいえこの顔ぶれは過去の花業界ではあり得ない事です。

私は今後近いうちにこの「Fリーグ構想」が実現し、

花業界が大きな進化を遂げ「花育」が流行語大賞を獲り

上戸彩が花のコマーシャルでテレビに映し出され

生活者にとって花が無くてはならない存在になる日が、そう遠くない将来に

必ず来ると確信しています。
| 仕事 | 05:13 | comments(2) | - |
1/1000構想ガイドブック
 先日の法人レセプションパーティーでお配りしました1/1000構想ガイドブック

その後も何軒かお問い合わせがございまして、おわけしております。

印刷された物は限りがありますので、興味のある方は当協会のHPから

http://www.kakinet.ne.jp/nakaoroshi/index.html

当協会HPのトップ右端の「1/1000構想ガイドブック」ダウンロード

ダウンロードしてください。


圧縮されていますので解凍ソフトがない方は下記のソフトをダウンロードした後に

ガイドブックをダウンロードしてください。

+Lhaca(解凍ソフト) http://www.softnavi.com/review/a-k/lhaca_1.html

1/1000構想ガイドブックについてのご意見、お問い合わせは当協会まで

(社)全国花卸協会






| 仕事 | 22:07 | comments(0) | - |
| 1/8PAGES | >>